2010年08月08日

乗鞍高原

CIMG0707.JPG 乗鞍高原に2泊3日で行ってきました。
 1年に2〜3回は行くのですが、今年は
 初めての高原です。
 北海道から自宅に戻り、この2週間の暑さに
 ほとほと閉口し、涼を求めてやって来ましたが
 残念ながら、乗鞍も暑く、かえって牧郷の方が、
 夜は涼しいように感じました。相変わらずの
 キャンパー泊ですが、予想外の暑さに日陰を
 探し右往左往でした。
 夏の乗鞍ではいつもテンカラ(和式毛バリ釣り)
 とキノコ採りをするのですが、両方とも
 
 さっぱりでした。今年の山の天気も異常で午後には必ず30分ほどの雨が降るのですが
 ここ1週間は全く雨がないそうです。したがって渓流の水は少なくなり、岩魚は岩陰に
 潜み、流れに出できません。毛バリにも危険を感じ、ほとんど追うことをしません。当然
 釣果は散々でした。雨が降らないことはキノコの発育にも大きく影響し、通常なら渓流
 沿いにキノコが見られるのですが、地面はかさかさで、ベニタケ系やイグチ系のキノコ
 も皆無でした。
 天候には勝てず、さらに山を上がり、安房トンネルを越え平湯温泉、西穂高の方へ
 足を延ばしました。残念ながら何処も暑く、天然の涼風を味わうことはできませんでした。
 
 帰りは何時もの稲亥にある渡辺蕎麦屋に立ち寄り、おいしい蕎麦と蕎麦がきを戴いた
 上に特上の自家製漬物と煮物のサービスを受け満腹になりました。とくに乗鞍特産の
 胡瓜の浅漬けはこの上なく美味でした。お母さんありがとう。
 
 良いことが少なかった2泊3日でしたが、終わり良ければ全て良し、で帰宅の路に着きました。
posted by Y,Tanaka at 11:46| Comment(0) | 旅の空
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: