2010年05月29日

5月29日

おはようございます。

今日は土曜日です。

週末の玉川温泉は、近県の湯治客と秘湯めぐりの観光客で、

大混雑です。

まず岩盤浴に行きますが、良い場所(岩盤が熱い所)を探すのに

右往左往。テント内の場所は1時間位の順番待ちです。そして

次は放射線浴で、これも北投石から出る放射線に射るわけですが、

効果のあるところとそうでないところがあるらしく、良い場所が

空いているかは運次第です。そしてペーハー1.2の強酸性温泉浴です。

これに約1時間掛け、1クールの終了です。



昼食は秋田名物稲庭うどんの定食です。そして午後もう1クール。

午後4時50分、今日の湯治は終了です。明日日曜の午前中も混みそうなので、

今日は鹿角市花輪に下り、明日の午前中はコインランドリーと食物調達をし、

午後から再開することに決め、道の駅「かづの」別名「アントラー」に滞車しまし
た。



近くのスーパーで買ったニシンの熟れずしで心地よい一杯です。

同じスーパで以上に大きい生のニンニクを見つけました。「豆の会」のみなさまには

是非お土産に買って帰りたいと思っています。
posted by Y,Tanaka at 22:19| Comment(0) | つれづれ

2010年05月28日

5月28日

道の駅「協和」を7時半に出発。



田沢湖のスーパーに立ち寄り、2,3日分の食料を購入予定が、

9時開店とのことで、30分の時間でモーニングコーヒーと

カップラーメンで朝食にしました。



玉川温泉に上がると、刺身等の生ものは手に入らないため、

田沢湖町か八幡平を越えた鹿角市花輪で購入してから温泉に行くのが常です。

スーパーでは関東とは違う食品が数多く並び、関東では中々買えないものが

安価で手に入ることもしばしばです。例えば、田っ子のにんにくや生のじゅんさい、

は一味・ふた味違います。



ガソリンスタンドに立ち寄り、油を満タンにし(ちなみに反対側鹿角市まで約80キロ

スタンドがありません)、玉川に向け出発です。



午後から湯治ですが、今日も雨で岩盤浴と強酸性の温泉で本日は終了。



約15キロ鹿角方面に下ったアスピーテ入口駐車場にて車中泊です。

今年は残雪も多く、途中の水芭蕉群生地も未だこれからの状況です。

昨年の今頃は一面のお花畑でした。



田沢湖で手に入れた珍味で焼酎をちびり、10時早々の就寝です。

おやすみなさい。
posted by Y,Tanaka at 21:46| Comment(1) | つれづれ

2010年05月27日

5月27日

おはようございます。



今日は昨日のゲームの報告書作りです。

3時間ほど掛かるのが常です。



報告書をメールしたのがお昼前になりました。

朝食兼昼食をとり、愈々秋田へ向け出発。



日本海の海岸沿いを北上し、海を見ながらのドライブですが、

残念ながら、昨夜からの雨で視界不良です。晴れていれば、

素晴らしい景色のはずです。酒田のおさかな市場で早い夕食をとり、

今夜の酒の肴を購入し、秋田の道の駅「協和」直進。

400台駐車が出来る道の駅に数台のみの車中泊です。

大変きれいな道の駅です。

明日は久しぶりの玉川温泉です。約1週間の湯治療養です。

雨が止んでくれることを祈って、おやすみなさい。





posted by Y,Tanaka at 22:28| Comment(1) | つれづれ

2010年05月25日

5月25日

25日の昼過ぎ、自宅を出発し中央道から関越道に入り、

一路新潟を目指しました。

新潟ふるさと村に夕刻到着し、ガイドブックに載っている

近くの「寿司和食家しゃかりき」行きました。ガイドブックは

当にならないことが結構あるのですが、なかなかのお店で、

イワガキや鯖のきずしで一杯やった後、お寿司で締めました。

久々の新潟、明日の試合に備え、早めの就寝です。

おやすみなさい。
posted by Y,Tanaka at 21:34| Comment(0) | つれづれ

2010年05月20日

5月13日

F1000161.JPGF1000165.JPG
ハルシメジ



東尾垂の湯で半身浴をし、マッサージ機に乗り、ウトウトしていると

M氏から電話。

「木の下に見知らぬキノコが沢山生えている」とのこと。

大きさや色など、いろいろ話を聞いてみると、おそらく

ハルシメジに間違いないので、後ほど現場に行くことにしました。



M氏に連れられて現場に赴くと、やはり予想通りハルシメジでした。

それも大群生。我がママさん(私はよめさんのことをそう呼んでいます)と

M氏で採り始めました。約1時間後の収穫はスーパーのかごに2杯強。

キノコ好きのK氏にもお裾分けをし、昨年秋以来の天然キノコを

おいしくいただきました。



ハルシメジはバラ科の木の下に出来る、非常に歯触りの良いキノコで、

春に採れるキノコでは上等のものです。但し、生食は厳禁。



ちなみに小生、藤野町キノコ教室の講師をしていますので、時として

キノコ発見の話が舞い込んでくるのです。



キノコの話は9月になれば頻繁に書くことになるでしょう。

posted by Y,Tanaka at 16:23| Comment(0) | くさびら

2010年05月19日

5月某日

CIMG0568.JPG
5月某日〜某日



四国・九州の旅行のあと、なんやかんやで右往左往、

暫くお休みしてしまいましたが、暇を見つけ再開したいと思います。



ゴールデンウィークは例年Jリーグの仕事が1試合か2試合入り、

他の日は出掛けずにのんびりしていることが殆どでしたが、

今年は大阪に住む甥っ子家族が3日間我が家を訪れてくれました。

家族は4名(甥っ子夫婦、小2長男・小1次男)。我が家のワン公2匹・

ニャん子3匹を加え、久しぶりの賑やかさでした。

子供たちが風邪気味で思う様には行動できませんでしたが、富士山を見に河口湖に行
き、

地元相模湖でボート遊びをしてあっという間の三日間でした。
posted by Y,Tanaka at 08:28| Comment(0) | つれづれ

2010年05月10日

5月10日

開田高原へ

この10年程、毎年GWの前後に山菜を採りに

開田高原に行っています。

今年は藤野では山菜が取れるのが、例年より1週間ほど遅く、

それに合わせ、今までで一番遅く出掛けました。

しかし当地は予想以上に寒く、やっと桜が散り始め、

本命のタラの芽は先が出始めた状態。コシアブラにいたっては

硬いつぼみで全くの期待外れでした。その代りフキノトウは

沢山取れ、ふき味噌がいっぱい作れそうです。



今回のようなことは初めてで、これもやはりCO2増加による

温暖化(熱帯化?)現象でしょうか。



藤野に戻ったら、5種類ほどの山菜で、

てんぷらパーティーを開きましょう。

posted by Y,Tanaka at 16:18| Comment(1) | つれづれ

2010年04月23日

久住〜小国〜阿蘇

4月23日(金)

幸いにも雨は止みましたが、
晴れとはいかず、今ひとつ。


くじゅう花公園を目指し出発。
公園自体は素晴らしいものでしたが、
今年は気温が上がらず、
花の咲き加減は今ひとつでした。

久住高原を経て小国に到着。
7.8年前に寄った道の駅に寄り、
そば街道の出発点にて、開店一番客として、
美味しい手打ち蕎麦を頂きました。

その後は、
ただひたすら阿蘇周遊コースをドライブし、
熊本名産の馬刺や地元牛を購入。
今夜は肉三昧の夕食です。

今夜の宿泊場所、道の駅『泗水』向かいの、
100%掛け流し温泉に入った後、
食事になりました。

愈々、明日は水前寺競技場で仕事です。

おやすみなさい。



- - - - -

『九州 道の駅』ポータルサイト
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/index.html

『くじゅう花公園』
http://www.hanakoen.com/

posted by Y,Tanaka at 21:30| Comment(1) | 旅の空

2010年04月22日

ラムネ温泉

6時に起床。
雨やまず、仕方なくコーヒーを沸かし、
軽い朝食を摂った後、
竹田の里を目指し、出発。

途中、道の駅『あさじ』に立ち寄り、
旅日記を理英さんに送付し発車。

竹田に入るも、
雨は止まず、視界も良くないので、
久住・阿蘇めぐりは、
本日は中止にすることに決定。

予定を変え、久住高原麓にある、
長湯温泉郷のラムネ温泉を体験することにしました。
泉温32度、非常にぬるい温泉ですが、
我慢していると炭酸ガスの気泡が身体全体にまとわり、
30分もすると温かくなりました。
出た後も、ぽかぽかといい具合でした。

その後、
近くの肉屋さんで、鳥天を購入して、
道の駅『ながゆ』で一杯。
天候の回復を願って車中泊。


posted by Y,Tanaka at 21:30| Comment(0) | 旅の空

2010年04月21日

海を渡り、九州へ

夕刻、佐多岬三崎港を出航したフェリーは、
1時間10分で大分佐賀港に入港。

雨模様になったので、
取り敢えず、道の駅『佐賀関』に停車。

残念ながら風雨が増すばかりなので、
車中泊を決め、
冷蔵庫にあるものをチンし、
数杯の焼酎でいい気持ちになり、就寝。


posted by Y,Tanaka at 21:30| Comment(0) | 旅の空